事例集

不法行為、不当利得による返還請求権行使(地裁)と、それ以外の方法で解決した複雑事案

Pさんの場合(遺産に1億円の土地があり、使い込み額が1500万円であった事案)

Pさんは二人きょうだい。兄と妹Pさんです。

父の残した実家は時価1億円の評価でした。あとは、兄に1500万円の使い込みがありましたが、うち200万円はPさんがもらっていました。兄は実家を受け継ぎたいと言っています。

使い込みは地裁で返還請求をするのが相当ですが、遺産の額に比して使い込み額が少額であったので、家裁に遺産分割調停を起こしました。

家裁では不動産の評価を中心に話し合われました。Pさんは、厳密に不動産鑑定し、半額を厳密にもらうか、一括で払ってもらえる額で妥協するか選択を強いられました。結局一括で3000万円で妥協し調停を成立させました。

家族間で満額を主張し、長期分割を選択しても、一般に甘えがあり、抵当権など入れていないと履行してもらえないことも多いです。多少でも妥協して一括でもらった方が得策と言えます。

Nさんの場合(Nさんが代理人を付けないで遺産分割調停を提起した後、使い込み返還訴訟を地裁に提起し、調停で一体解決を図った事案)

Nさんは三人姉妹。妹が父の死亡前、1500万円を勝手に下ろしていました。不動産もあったので、Nさんは代理人を付けないで、遺産分割調停を提起。その後私に代理人就任を依頼しました。

調停では、妹は返すつもりはないと言ったために、地裁に返還請求訴訟を提起しました。

その後、妹が調停で、不動産の相続はしない、不動産は姉らにもらってもらっていいので、訴えを取り下げてくれと主張しました。

そこで、不動産は姉ら2人で相続し、妹は何ももらわない、姉らは訴えを取り下げるという内容で調停を成立させました。

姉らは相続した不動産を売り、代金を2人で分けました。

厳密に言うと、妹はお金を返さない分得をしましたが(計算上姉らはもう少しもらえたはずでしたが)、早期解決のために、姉らも譲歩し解決を見ました。

Hさんの場合(兄が使い込んだ金員の一部をHさんももらっていた事案)

Hさんは、2人兄弟。母が亡くなり、その後兄が母の預金1000万円を解約してしまった。そして、そのうち、Hさんに相続のお金として100万円を渡したという事案です。

Hさんは100万円は母の預金から出たことは知りませんでした。

Hさんは、母の残した土地建物の分割と、使い込まれた1000万円の解決を求めて、遺産分割調停を起こしました。

土地建物は1000万円と評価され、兄が土地建物を取る代わりに、Hさんに幾らの代償金を支払うべきかが問題になりました。

Hさんは使い込んだ1000万円の半分も返してほしい。

ここで、Hさんも使い込みの利益を享有しているとして、兄の使い込みを問責するのは相当でない、というのが兄の主張。しかし、Hさんは100万円が母の預金から出ていることを知らなかった。

たとえば、Hさんが100万円が母の預金から出ていることを知っていたら。兄の相続開始後預金を全部着服したのは、Hさんの承諾があった、つまり、Hさんから兄へHさんの法定相続分の黙示の贈与があったとか見られることもあり得ます。

しかし、Hさんは兄による預金の着服を知らずに、100万円を受け取った。

結局、兄は1000万円の使い込みについて、合理的な説明ができなかったので、Hさんに9
00万円(土地建物の代償金500万円+使い込みの代償金500万円?既払い金100万円)を払うことで調停は成立しました。

Gさんの場合(遺産分割調停で使い込みを問題にした複雑事案)

Gさんは2人兄弟。弟が家族と同居して父の介護をした。父の遺産は、2200万円の不動産と、500万円の預金、そのほか、兄に300万円の使い込みあり。

そもそも、兄の使い込みも相対的に少額で、引き出し方も数万円ずつ数十回に渡っていたので、地裁で独自に請求していくには不適当でした。

遺産分割調停で問題にし、兄もそれに対して、反論するなどして向き合っていたのですが、如何せん、兄に自宅を取るだけの代償金原資がない事案でした。

総額3000万円の遺産に対し(使い込みも遺産に計上しています。)、流動資産は預金500万円だけ。Gさんがもらう代償金の額が争点になりました。

結局何十回もの期日を経て、兄がしぶしぶ、あと400万円出すと言う案で落ち着きました。

Gさんの粘り勝ちで終わったという印象です。

Bさんの場合。父に頼まれて第三者に渡した事案。

Bさんは妹と二人きょうだい。父の介護を妹が行った。相続開始して、妹に遺産分けの話をしたところ、遺産は分けたくないと言われて、不審感を募らせ、遺産分割調停を申し立てた。

Bさんが調べたところ、父死亡の直前に、預金の解約がありました。遺産分割調停で妹に使途を問うたところ、父にある特定の人に贈与してくれと言われて、解約してその人に渡した、ということでした。

妹は、父の意思に従ったし、第三者へあげてしまったので、返す意思は全くないと主張しました。

Bさんはやむなく、妹に対し不法行為による損害賠償請求の訴えを提起しました。(家裁の調停は取り下げました。)

結局は、請求額の1/3をBさんに返すということで和解しましたが、裁判所の心証は、第三者に渡ったのは間違いなく、妹が私したわけでないので、全額返還は困難というものでした。結局は、裁判所はどんぶり勘定で和解案を提示したという具合でした。

この事例は裁判官の個性によった部分もありましたが、訴え提起して全く何も返らないということはないな、という印象を持ちました。 なお、不動産もあったので、再度遺産分割調停を起こしましたが、これは法定相続分で分けました。

このように、使い込みもあり、不動産等遺産分割調停によらざるをえない遺産もあると、手続きが複数必要で、時間も労力もかかります。感情的な対立が激しいとこういうことになってしまいます。

感情的になるのも分かりますが、もう少し、遺産をもらうことに関し、親への感謝ときょうだいへの思いやりがあってもいいのでは、とも思います。

Aさんの場合。遺言があって使い込みもあった事案

Aさんは姉と2人きょうだい。母は家業を営み、遺産の中に、未公開株と会社の敷地がありました。
母は遺言をのこし、姉にすべての遺産を相続させるとしました。

Aさんは、遺留分減殺請求の訴え提起。

争点は、未公開株と不動産の評価、姉の使い込みが特別受益になるか。

遺留分算定基礎となる金額は、遺産+1年前までの贈与+特別受益?相続債務です。

法定相続人に対する贈与は、特別受益で、1年以上前でもみんな遺留分算定の基礎になります。

姉は価格で返すと抗弁し、Aさんにいくら支払われるかが問題になりました。

未公開株と不動産は正式鑑定して価格を出しその点は厳密にしたものの、後の和解では、姉はいついつまでにいくら払えるかの、どんぶり勘定で、和解しました。

姉の使い込みは、Aさんの「あと若干上乗せしてよ。」という交渉では、生かされた格好でした。

いつでも受けつけております。お気軽にお電話ください。

無料メール相談

事例集

小堀球美子Facebook

Amebaブログ

■所在地
〒170-0005
東京都豊島区南大塚3-3-1
新大塚Sビル3階
電話:03(5956)2366
FAX:03(5956)2365
受付時間:AM9:00?PM6:00
■最寄駅
JR大塚駅南口・南大塚通り徒歩5分
営団地下鉄丸ノ内線 新大塚駅
徒歩1分

→アクセスマップ

代表弁護士 小堀 球美子